オタクだけどガールズバーでバイトしたいなら「メイドガールズバー」

一昔前まではオタク文化等も、あまり一般に広まるようなことがなかったような印象がありますが、最近では一つのカルチャーとして幅広く受け入れられているような節もあります。
この記事を読んでいる女の子たちの中にも、実は私結構オタクなんです!という子もいるんじゃないでしょうか。最近の女の子は、ぱっと見た感じでは全くオタクかどうかも見分けがつかないので、普通の可愛い女の子という感じの子も増えてきてますね。
それに、どこかちょっとオタク的な要素を持っている女の子の方が可愛い!と感じる男性も、世の中にはかなり多かったりします。
そこで、今回は私オタクです!という女の子に向けて、メイドガールズバーのことを少しご紹介したいと思います。

メイド喫茶風のガールズバー

メイドガールズバーって何?と思ったそこのあなた、ぜひメイド喫茶のことを思い返してみてください。そう、メイド喫茶はメイドさんがいる喫茶店、カフェという形態だったと思います。つまり、それのガールズバー版ということになりますね。
確かに、探して見ると結構メイドバーと呼ばれるお店はあります。そういったところで働いている女の子たちは、基本的にオタクである子がほぼ100パーセントです。
その理由は、お店にくる男性のお客さんがオタク層だからです。メイド喫茶風のガールズバーは、今では結構人気のお店が多く、ある意味ではすでに定番となっており、お客さんからも受け入れられていますので、もし自分がオタクだなと感じるのなら、ぜひ一度お試ししてみるのもいいかもしれませんね。

オタク知識がそのまま接客に使える

オタクの女の子からすれば、自分が持っている知識が、そのまま仕事に活かせるというのはかなり嬉しいポイントなんじゃないでしょうか。
普通のバーとかなら、お客さんに合わせて多少の事を知っておいた方が、という点もあると思います。でも、オタクの女の子がメイドガールズバーで働くにあたって、新たに何か勉強をする必要はありません。むしろ、普段のままの自分が受け入れられる感覚を味わうことが出来るんじゃないかとも思います。
これをご覧のオタクのみなさん、ガールズバーの仕事を探しているなら、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。