お客さんをよく見て!ガールズバーのバイトは気遣い上手になろう

実際にガールズバーで働くのにあたって、仕事内容がそれほど難しくないのは皆さんもきっと分かっていると思うのですが、だからといって適当に働いているだけで稼げるほど何もかもがカンタンというわけでもないのです。
メインのお時給がいいので安心しがちなのですが、やっぱりちゃんと稼ぎたいと思ったらそれなりに気を付けた方が良いポイントや、工夫した方がいいポイントなんかもあります。
そこで、今回はガールズバーの接客をする中で一番大切なポイント「気遣い上手」というところについて、ちょっと話してみたいとおもいます。

お客さんをよくみて気配りをする

ガールズバーは普通の飲食店と比べると、目の前にいる男性と色々なお話をすることになるので、男性としては「自分のことを気にしてほしい、気遣ってほしい、楽しく過ごしたい」等と思っていることが大半です。
なので、その辺りを踏まえて動かなければならないのです。そのために、もっとも重要となるのが「お客さんをしっかりと観察すること」です。
適当に目の前の人とだけ話していればいいというものでもありません。
お客さんがどういう動きをしているのか、あるいは何を求めているのかなどをしっかりと観察して、先手先手で動いていくことが大切です。いわゆる、気配り上手を目指すのが成功のポイントなのです。
気配りは、得意な子と苦手な子の差が結構激しいところがありますが、基本的には「意識して練習する」ことでかなり慣れていきます。
なので、始めはそれほど気配りが上手でなかったとしても、どういうところに気を付けるべきなのかを調べたり、お店の子に聞いたりしながら覚えていくといいかもしれません。
いずれにしても、お客さんが何を望んでいるのかを察するという力を鍛えると、たくさん指名してもらえるようになると思いますよ♪

関連記事:どんなお客さんか判断。ガールズバーのバイトは見極め上手になろう

灰皿の交換なども仕事の一つ

気配り上手と言えば、ガールズバーで欠かせない仕事の一つが、タバコを吸う方の灰皿交換などです。
ガールズバーの仕事と言えば、お酒を作ることとお客さんの相手をすることの2点がフューチャーされがちですが、お客さんの使っている灰皿をきちんと交換するのも大切なお仕事です。
普通の飲食店なら帰った後に替えたりするものですが、ガールズバーの場合は少しでもタバコがあれば、さっと引いてしまった方が良いとされます。
これはキャバクラなんかでも同じなのですが、少しでも気持ちの良い時間を過ごしてもらうために、ゴミなどがあればすぐに片づける、と考えれば意識付けやすいかもしれませんね。