連絡先交換を断る勇気。ガールズバーのバイトは断り上手になろう

ガールズバーのアルバイトをしてみると、女の子たちが一番最初に感じるのは「とにかくよく、連絡先を聞かれてしまう」ということじゃないでしょうか。
もちろん、こんなことはキャバクラなんかでもあるので夜の仕事あるある、じゃないかなと思うのですが、正直言ってしまえば意外と断りにくい部分があるのも確かです。
そもそもガールズバーのお仕事なんかも、女の子が男性からモテるから成り立つお仕事なので、あまりつっけんどんな感じで断ったりしてしまうと角がたってしまったり、もしかしたらもう来てくれないかも…なんてことにもなりません。
そこで、今回はガールズバーで頑張る女の子に向けて連絡先の交換を断ることについてお話してみたいと思います!

ガールズバーでは連絡先の交換は自由

そもそも、ガールズバーでは連絡先の交換は自由なのか?と思う方もいるかもしれません。
これに関して言えば、基本的にOKです。女の子側が問題無ければいいと言う感じですね。
もちろん、男性側にも聞いてはいけないというルールもないお店が大半ではないかと思います。そのため、どうしても女の子がお客さんから連絡先を聞かれて…という冒頭の話しになっていくわけですね。
では、連絡先の交換が自由な中で女の子側としてはどのように立ちふるまった方がいいのでしょうか。

お金を落としてくれないお客さんなら断るべき

基本的には、お金を落としてくれないお客さんとは連絡先を交換しないに越したことはありません。何故か?それは、面倒くさいお客さんである可能性がとても高いからです。
そもそも、お店に働いている女の子を口説きに来ているだけ、と言う感じもしますよね。もちろん、お店に遊びに来ることを楽しみにしている方々もいる中で、お金をろくに落とさずに長時間居座ってしまったり、ほとんど飲まないのに毎日来る、みたいな方に関してはあまり気にせず連絡先の交換を断ってもいいでしょう。
特にこちら側にメリットがあるわけでもないですし、プライベートな時間を無駄に使ってしまうことになります。なので、これに関しては間違いなく断った方がいいですね。

角が立たないように上手く断る

もちろん、その他の場合でもご自身が断りたいと思った方は全て断ってもOKです。
中には、よくお金を使って下さる方等悩む場合もあるでしょうが、そのあたりは個人の感覚で決めてしまえばいいでしょう。
では、どうやって断ったらいいのか。一つは「LINEID」の交換を使う、と言う方法。LINEなら、いざ連絡先を交換しても、簡単にブロックすることができます。
また、新規客を相手にする場合には「ドリンクの注文を交換条件に連絡先を交換する」という手もよく使われています。もちろん、この場合も「後でブロックしてしまう女の子も結構いる」と聞きます。
お酒が出す場でのことなので、なかなか断りにくいものだと思いますが、あらかじめ「ブロックが可能なアプリ」なんかで連絡先を交換するというのは、いい手だと思いますよ♪