キャバクラと何が違うの?ガールズバーのバイトとキャバ嬢の違いとは

ガールズバーのお仕事を探している女の子の中には、キャバクラとガールズバーの違いが分かっていないという女の子も少なくないのではないでしょうか。
確かに、これまで夜のお仕事をした経験がない女の子なら、キャバクラもガールズバーも同じようなものでは?と感じてしまうのも無理はありません。
でも、この記事をご覧いただいているということはきっと「ガールズバーで働いてみたい!」と思っているということですよね!そこで、今回は誰もが気になるキャバクラとガールズバーの違いについて、LuLINEの記事を参考にちょっとお話をしてみたいと思います!

ガールズバーはあくまでバー

このフレーズの通り考えてもらえると、一番分かりやすいんじゃないでしょうか。
そもそも、ガールズバーっていうと夜のお仕事!というイメージがありますよね。こう思っている女の子が大半なんじゃないでしょうか。
でも、ガールズバーってナイトワークには入るかもしれませんが、基本的には普通の飲食店なんですよね。
これはもし働くとしても覚えておいてほしいのですが、ガールズバーの分類はあくまでも飲食店であって、いわゆる普通の「バー」です。業態としてはバーに分類されますので、キャバクラにありがちな風営法による縛りなどもありませんし、普通にその辺りにあるバーと基本的な所は特に変わりはありません。
なので、ガールズバーってなんだか怖いよね…みたいな印象や不安は特に抱かなくてもいいと思います。
あくまでも普通のバーで働く、という感じですね。ただ、普通のバーとちょっと違うところを挙げるとすれば、文字通り「女の子がいるバー」だということです。
だからといって、特別に変わった接客などがあるわけではなく、普通のバーと同じく、カウンター越しにお客さんと適当におしゃべりをしてみたり、フードやお酒のオーダーをとって、お渡ししたりといった感じです。
なので、初めてガールズバーで働くことを考えています!という女の子も、肩の力を抜いていいと思います♪

営業時間が違う

キャバクラとガールズバーの違いで、一番大きいのは営業時間の違いかもしれません。キャバクラは風営法によって管理されているので、営業できる時間が決まっています。
深夜0時まで、あるいは場所によって深夜1時までしか営業してはいけないという決まりごとがあるんです。

ガールズバーの方が営業時間が長い

一方、ガールズバーは酒類を提供するだけのただの飲食店です。なので、1日中通し営業をすることも可能ですし、普通は朝方まで通しで営業していますね。
もちろん、ガールズバーで働くなら勤務時間は選ぶことができますので、深夜は働きたくない!割が良さそうな深夜に働きたい!みたいな働き方を自由に選択することもできます。
どちらにしても、キャバクラよりもガールズバーの方が営業時間が長いので、単純な時給換算で言えばガールズバーでも十分に稼ぐことができるんです。

ガールズバーは客引きをしないといけない

キャバクラとの違いと言えば、仕事内容の中にキャッチが入っている、という点は注意しておいた方がいいかもしれません。
キャバクラだとボーイさんがやっている場合もありますが、ガールズバーの場合は基本的に女の子が外の通りに客引きに行きます。ポケットティッシュなんかを配りながら客引きをする場合が多いのですが、これは基本的にどこの店でもあります。
キャッチは苦手!という女の子も多いと思いますが、意外とすぐに慣れてくるものですよ。

関連記事:結局どっちがいい?ガールズバーのバイト向きな人・キャバ嬢向きな人